薄毛対策

ノコギリヤシで前立腺肥大は予防できるの?

男性独特の病気に前立腺肥大があります。
膀胱の出口から尿道にかけてある、たこ焼きサイズの特別な臓器です。
とりわけ前立腺の内側の線に小さな結節ができます。

それが前立腺を肥大化させます。
肥大化して何が悪いかというと、トイレが大変です。
トイレに行ったあとも、いつも残尿感があります。

それに加えて、夜も頻繁にトイレに行きたくなります。
しかもこの病気は今、日本では70歳近くになるとほぼ90%以上の男性が患っています。
では一体何が原因で前立腺肥大が起きてしまうのでしょうか。

一番大きな原因が、DHTといわれています。
急に出てきた名前ですが、これは男性ホルモンの一種です。
男性ホルモンが、ある酵素と出会うことでこのDHTと言われる面倒な男性ホルモンになります。

これが体にいろいろ悪さを仕掛けます。
薄毛や抜け毛、また前立腺肥大です。
これを防ぐための方法として効果的なのが、ノコギリヤシとなります。

ノコギリヤシにはその酵素を防ぐ力があるのです。
ですから、もし前立腺肥大を患っている、また中年に差し掛かったならば、ためらうことなくノコギリヤシ習慣を身につけることができます。
そうすることで事前に症状を軽くすることができますし、お年寄りの方もトイレのトラブルを減らせます。

このページの先頭へ